丈夫な骨と歯

丈夫な骨と歯

カルシウムは、マグネシウム、ビタミンD、ビタミンCと一緒に食べることで吸収率を上げることができます。

マグネシウムを多く含む食品としては大豆類やピーナッツ

ビタミンDは、きのこ類、鮭やいくら等の魚介類、

ビタミンCは赤ピーマン、黄ピーマン、さつまいも等の野菜類、キウイやオレンジ等の果物類に豊富に含まれています。

カルシウムが多い食品を単品でとるのではなく、バランスよく食べて吸収率を上げていきます。

そして東洋医学では、冷の食品として体を冷やす食品として紹介されています。胃腸の弱い方は温めて飲むようにおすすめします。

歯の衛生週間。いま一度、歯や骨について見直してみましょう

慢性的に不足すると、骨粗鬆症や認知障害、関節症等を引き起こしやすくなります。。

そこで問題です。
クイズ1:次のうち、カルシウムの量が最も多いのはどれでしょう?
牛乳 コップ1杯(200ml)
いかなご 1人前(40g)
しらたき 半袋(100g)
豆乳 コップ1杯(200ml)
小松菜(ゆで) 小鉢1杯(50g)

正解は「牛乳」

・牛乳 コップ1杯(200ml) 220mg
・いかなご 1人前(40g) 200mg
・しらたき 半袋(100g) 75mg
・豆乳 コップ1杯(200ml) 30mg
・小松菜(ゆで) 小鉢1杯50g 75mg

具体的には上記の量のカルシウムが含まれています。予想外に小松菜にも含まれるのですね。

年齢・性別により基準量は少し異なりますが、1日に望ましいとされているカルシウム必要量は 約600mgとされています。

牛乳などは安価で購入できますし、いつでも冷蔵庫に入っている食材の1つですよね。
コップ1杯(200ml)をとるだけでもカルシウムを手軽に補えます。

ただカルシウムは吸収率の悪い栄養素で、食材ごとに体内での吸収率に違いがあるのです。

摂取した量の内、牛乳は約40%、小魚は約33%、野菜類は約19%が吸収されると言われています。

そこで問題です。
クイズ1:次のうち、カルシウムの量が最も多いのはどれでしょう?
牛乳 コップ1杯(200ml)
いかなご 1人前(40g)
しらたき 半袋(100g)
豆乳 コップ1杯(200ml)
小松菜(ゆで) 小鉢1杯(50g)

正解は「牛乳」

・牛乳 コップ1杯(200ml) 220mg
・いかなご 1人前(40g) 200mg
・しらたき 半袋(100g) 75mg
・豆乳 コップ1杯(200ml) 30mg
・小松菜(ゆで) 小鉢1杯50g 75mg

具体的には上記の量のカルシウムが含まれています

年齢・性別により基準量は少し異なりますが、1日に望ましいとされているカルシウム必要量は およそ600mgとされています。

牛乳などは安価で購入できますし、いつでも冷蔵庫に入っている食材の1つですよね。
コップ1杯(200ml)をとるだけでもカルシウムを手軽に補えます。

ただカルシウムは吸収率の悪い栄養素で、食材ごとに体内での吸収率に違いがあるんです。

摂取した量の内、牛乳は約40%、小魚は約33%、野菜類は約19%が吸収されると言われています。

さらにカルシウムは、マグネシウム、ビタミンD、ビタミンCと一緒に食べることで吸収率を上げることができます。

マグネシウムを多く含む食品としては大豆類やピーナッツ

ビタミンDは、きのこ類、鮭やいくら等の魚介類、

ビタミンCは赤ピーマン、黄ピーマン、さつまいも等の野菜類、キウイやオレンジ等の果物類に豊富に含まれています。

カルシウムが多い食品を単品でとるのではなく、バランスよく食べると吸収率を上げていきます。

また東洋医学では、冷の食品として体を冷やす食品として紹介されています。胃腸の弱い方は温めて飲むようにおすすめします。

歯の衛生週間。いま一度、歯や骨について見直してみましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*