野田あすかが婦人公論に掲載

野田あすかが婦人公論に掲載

大正時代から102年間にわたって中央公論新社から発行されている婦人公論に、娘の野田あすかが4ページも掲載されました。

他界した実母の愛読書でもありました。

取材は東京での親子講演後で、とっさの質問にも少しずつ対応出来るようになってきました。

これもいつも温かく応援してくださる皆様方のおかげです。

心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

【野田あすかのインタビューが雑誌『婦人公論』に取り上げられます!】

野田あすかのインタビュー記事が

本日5月8日(火)発売の雑誌『婦人公論』に

掲載されましたので、お知らせいたします。

このインタビューでは、野田あすかは、

「悲しすぎて涙も出ないという人が、一粒だけ涙を流せたり、

幸せだなと感じている人が、もっとニッコリできたり、

そんな音楽をつくったり、弾いたりしたいです」と

今後のピアニストとしての展望を語っています。

お手に取っていただければ幸いです。

<詳細>

・媒体名:『婦人公論』2018年5月22日号

・発行元:中央公論新社

・発売日:2018年5月8日

・公式サイト:http://www.chuko.co.jp/fujinkoron/

・詳細:https://amzn.to/2HMCVf5

野田あすかは、初の全国ツアー、<全国ツアー2018>のため、

今月は新潟、高知に伺います。

初日公演だった島根公演では、大勢の方にご来場いただき、

終演後には「やさしい音色に、自然と涙がこぼれて、心が癒された」、

「つらいことがあっても、私も頑張ろうと思えた」など、

たくさんのお声をいただきました。

この島根公演から始まった全国ツアーは、

今月は新潟、高知、

そのほか東京、静岡、名古屋、大阪、兵庫、宮崎などでの

開催を予定しております。

公演情報の詳細は、以下のリンクからご確認ください。

→ http://www.nodaasuka.com/news.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*