You are currently viewing 1月11日「お鏡開き」って何❓

1月11日「お鏡開き」って何❓

1月11日の明日は「お鏡開き」です。
江戸時代から始まった伝統行事「お鏡開き」についてお話し致します。

お正月に鏡餅を飾るのは、歳神様が元旦にやってくるので、お供えをしてもてなすのが始まりでした。
鏡餅には神様が宿ると言われてきたので、お供えのお餅を切ったりするのは縁起が悪いので、手やつちなどで割って食べるようになりました。
「割る」が「開く」に変わり鏡開きになりました。そして
そのお餅で、ぜんざいを作ったり、お雑煮や磯辺餅やおでんの巾着の中に入れて、この日に食べる習慣があったようです。

日本の伝統行事の「お鏡開き」
あなたは、お餅をどのようにして食べますか?是非、日本の食文化をお楽しみください。我が家は毎年、ぜんざいを頂きます。写真は昨年の我が家のお鏡開きです。

     

コメントを残す